HOME  >  給排水工事  >  給水管更生工事NT工法

事業内容

給排水工事

給排水工事TOPへ

NT工法(給水管更生工事)

NT工法とは

NT工法は、給水管が原因となる赤水や汚濁、減水などを改善するとともに既存配管の延命も実現する、確かな品質と高い信頼性を誇る給水管更生技術です。 NT工法が画期的と評価されているのは、「2方向研磨」と「ワンデー・ツーコート塗装」のオリジナル技術。施工後はもちろんサビの発生をシャットアウトし、ライニングの耐久性も抜群です。

※即日工法も実施しておりますが、安全性・確実性から翌日工法をお勧めしております。

※即日工法も実施しておりますが、安全性・確実性から翌日工法をお勧めしております。

NT工法(給水管ライニング工事)の特徴

  • 2方向研磨により、管内のサビやブリスターをより確実に除去する高い研磨性能が得られます。
  • 塗布は、圧力変動により配管分岐部分に塗料が到達したことを検知する“塗料分岐点到達検知方式”を用いて2回塗りし、塗り残しを防止します。
  • 独自開発のエポキシ樹脂塗料は短時間で2回塗りでき、ライニング工程が1日で済みます。
  • 防錆塗膜は平滑に塗布され、ピンホールや管の閉塞もありません。
  • エポキシ樹脂塗料はJWWAK-135((財)日本水道協会規格)および東京都の確認試験に合格しており、水質への影響はありません。
  • 独自の2回塗り工法で工期も短く済み、経済性はもちろん不便さの解消にも貢献します。

3チーム分立で万全の品質管理体制

NT工法では、「調査・診断」「施工」「検査」をそれぞれ優秀な認定技術者を中心とする独立したスペシャリスト・チームが担当する“3チーム分立による品質管理体制” により、妥協を許さない管理のもとで品質の高い工事を実現しています。

※1 検査技術者は施工管理者として、2年以上の実務経験の有資格者が従事します。
※2 施工管理者、作業責任者、作業者は各々の教育カリキュラムによる有資格者が従事し、5年毎に改善技術教育を受けます。

公的証明